2018年04月

●過去11年中9年で3or4人気のどちらかが馬券圏内
●過去23年において、馬券圏内に来た69頭のうち、+4キロ以上だった馬は3頭のみ。
 例外の3頭はリンカーンの+6、ステイゴールド+10、連覇のフェノーメノ
⚫︎阪神大賞典2着馬はグレード制導入以降(0.3.1.23)
⚫︎Cコース開催時は1〜8番から勝馬出る
⚫︎Cコース時の武豊成績(3.3.3.3)
⚫︎98-99以降2年連続で同一重賞組から勝ち馬は出ない。(連覇のフェノーメノ除く)
⚫︎07'~前走3着馬の隣枠が馬券内
●過去6年中5年で最低人気馬の隣が馬券内(例外年も激走の4着)
●7歳以上で前走3着以下(0.1.1.38)
⚫︎前走4着馬(1.1.1.27)
⚫︎過去50年牝馬は5着以内すらない
⚫︎蛯名が芝3000m以上のG1で馬番6番以内だと[3.2.2.0]
  • 過去21年中20年は6ー8枠が必ず馬券内
  • 賞G1は6、7枠が29戦中84%絡む
  • 06年よりアドマイヤの馬か隣が連対中(キズナは4着)16年は継続せず
  • ★過去7年の3000メートル以上の重賞は1枠の単複回収率がずば抜けて高い。455 145 連対率も28%オーバー
  • ★過去6年、天皇賞春と菊花賞の勝ち馬はオルフェ以外は馬番7番以内
  • 07年以降、馬体重490キロ以上が連対中
  • 芝2400m以上のG1で連対歴のある馬が11年連続で連対中。今年の該当馬はキタサンブラック、ゴールドアクター、サトノダイヤモンド、レインボーライン、ワンアンドオンリー
  • 90年以降、昨年覇者が翌年出走した場合、(3.6.0.1)
  • 芝2400m以上のG1で連対歴のある馬が11年連続で連対中。今年の該当馬はキタサンブラック、ゴールドアクター、サトノダイヤモンド、レインボーライン、ワンアンドオンリー
  • 天皇賞春で初めて58Kgを背負った阪神大賞典組の4歳馬【0-0-1-12】
  • 過去3走以内で芝2400m以上のレースでの最低着順が1着(つまり、負けていない馬)の成績が、(0・1・0・8)該当馬⇒#サトノダイヤモンド 1頭のみ。2着なら(2.1.2.9) 5着なら(3.2.3.14)
  • 前年菊花賞4着以下で上がり3位の天春出走馬※上がり順位は1位が複数いても次位は2位としてカウント(2.1.0.4.0)
  • ◎前走1着勝率60%超え
続きを読む

●前走毎日杯で当日3人気内なら馬券内
⚫︎前走毎日杯で3番人気以内または500万下で1着を除く7、8枠(0.0.1.39)
⚫︎関東馬の1番人気(6,0,1,3)
⚫︎過去10年で中2週以内は(0.0.1.46)
⚫︎過去9年、北村宏司騎手の隣枠が馬券内
⚫︎過去14年,前5走内に10頭以下のレースで勝利している馬が3着内
⚫︎関西馬で当日7番人気以下 (0.1.0.53)
⚫︎前走重賞だった馬で当日7番人気以下 (0.0.0.20)
⚫︎前走OP特別で4着以下 (0.0.1.20)
⚫︎前走OP特別で3番人気以下 (0.0.0.20)
⚫︎過去10年馬券内に入った30頭のうち、
前走中山、阪神が27頭
前走中京が2頭
前走東京が1頭
前走東京は、ほぼ消し
⚫︎中9週(0.0.0.12)
  • 09年以降の青葉賞では、前走が500万以上の芝2200mで③着以内だった馬が[2.6.1.8]該当馬がいた6年すべてで連対中
  • 馬体重が460キロ以下(0.2.4.43)
  • 過去10年は馬番7番以内の父サンデー系(6.3.3.26)10年全てで馬券内で9年で連対している
  • 過去10年の #青葉賞 での1番人気は中2週以内[0.0.0.1]中3~8週[4.1.1.0]中9週以上[0.0.1.2]

⚪︎★ディープ産駒が圧倒的
⚪︎関東馬中心
⚪︎★前走二桁体重減の馬は不調
⚫︎4番人気以下の8枠 0ー0ー2ー24
⚫︎前走着差/データ 勝ち0.0秒(0-0-0-17)
⚫︎過去12年 社台系生産馬で前走上がり2位内で関東馬の当日3人気内(0-2-3-1)
⚫︎3か月以上の休み明けを除く前走桜花賞以外で10㌔以上の馬体重減は3着以内無し(0-0-0-32)
⚫︎前2走とも1800m以上かつ前走フラワーC連対→(2.1.0.1)
  • 過去10年、前走1600M以下の馬(0.1.2.42)
  • 過去10年、五代血統内にノーザンテーストを持つ馬が馬券内
  • 過去10年中9年で馬番3〜6番が馬券内
  • 過去10年で前走5着以内の偶数馬番が馬券内。内9年は連対している
  • 【気になるデータ】過去10年の #フローラS での1~2番人気は
  • 偶数馬番[5.3.1.3]
  • 奇数馬番[2.1.0.5]
  • 偶数馬番の1~2番人気は複勝率75.0%で、単勝回収率が135%、複勝回収率が116%
続きを読む

⚪︎17頭立て以上になると荒れるレース。
1,2番人気は軽視
⚫︎過去10年前走 高松宮(0.0.1.10)
⚫︎過去15年中14年7番より内の馬が1頭は馬券圏内
⚫︎過去10年中6年において、前走か前々走で東京新聞杯を使っていた馬が1頭は馬券圏内
⚫︎過去10年中6年で、前走が重賞で1人気だった馬が1頭は馬券圏内
⚫︎過去11年中8年で6~9人気の馬が1頭は馬券圏内続きを読む

  • 過去5年名前に川か山が入る騎手の枠か隣枠が連対中 
  • 01年〜4or6歳馬が1頭は連対
  • 03年〜2or6枠が3着内 
  • 前走マーチS(0.1.1.22) 
  • ダイオライト記念組は過去11年で(0.1.2.5)4着以下の3のうち2回が4着 。 
  • 7歳以上で当日6番人気以下(0.0.0.27) 
  • 4歳馬かつ同年ダート勝利経験あり(3.3.2.14) 
  • 3着内の半数以上は同年準OP以上のダートマイル以上を3~4角3番手内で勝った馬(3-2-2-2) 
  • 過去6年のアンタレスSでは、前走から距離短縮[5.2.1.20]前走と同距離  [1.3.5.46]前走から距離延長[0.1.0.12]
続きを読む

  • OP以上のレースを2勝以上し、かつ3~4連勝中の皐月賞3番人気以内馬(9,3,2,3) 
  • 過去17年中15年で1 or 7枠が馬券内  
  • トライアルの1着馬が過去13年中12年において1頭だけ馬券(11年連続) 
  • 11年連続で前年とは違うトライアルの1着馬が3着以内に来ている   
  • ミスプロ直系の頭はなし。一昨年のコディーノは3着で去年のトゥザワールドは1番人気で2着今年もキンカメ産駒は2着までか。
  • 6番人気以下の馬が過去14年中10年において1頭以上馬券 
  • 前走でトライアルを1or2人気で勝利していた馬が14年中12年で1頭は必ず馬券圏内 
  • 02年以降の1~3人気馬のうち、前走1着→6-4-5-16、前走2着→1-2-3-6、前走3着以下→0-1-1-12 
  • 当日+体重で臨んだ馬(0-1-4-50) 
  • 過去11年 5番人気(0.0.0.13) また過去13年で逃げ馬は2勝しているが共に7番人気 
  • 08年より当日4人気馬か隣が馬券内。とくに隣が走る 
  • 過去8年中7年で、二桁馬番の馬が連対中 
  • 中山開催では04〜スプリングSと弥生賞の連対馬が同時に3着内に来たことがない 
  • ︎1984年以降、キャリア3戦以内馬は3着以内に2頭来たことは無し 
  • 朝日杯1~3着馬(2.0.3.9) ※中山過去6回 SS内包(2.0.3.4) 非内包(0.0.0.5) ※5・7・11・16着 
  • 弥生賞勝ち馬(3.4.6.11)2番人気以下で勝(0.2.6.7)
  • 1-3番人気の3頭で一番外枠になった馬は分が悪い(1.4.2.10)一番内枠は11年以降(3.2.0.0)
  • ★近年、共同通信杯を上がり2以内で連対した馬の皐月賞成績(4.1.1.1.1)
  • ハーツクライ牡・セン馬の中山芝2000で1枠時(0.0.3.11)勝率0%複勝率21.4%、馬券になった3頭はみんな先行馬。中山内枠遅刻はトニービン持ちの恒例。 
  • ★90年以降の #皐月賞 では、前走時の馬体重が500kg以上で連対した馬(10頭)がすべてマイナス体重。 マイナス体重(5.5.3.33)前走と増減なし(0.0.2.16)プラス体重(0.0.1.16) 
  • 90年以降の良馬場での #皐月賞 の1番人気馬は馬番1~7番だと [5.3.0.3]馬番8~18番だと[1.2.4.4]
  • トライアルまでに重賞連対やオープン勝ちがあってトライアルでも3着以内の馬は毎年のように連対するグレード制導入以降該当馬が連対できなかったのは87年、90年、95年のみ

  • 過去8年、前年二番人気の正逆番が3着以内 
  • 現コース9年間を見ると連対馬18頭の馬体重 最低限460キロ以上450キロ以下で馬券に入ったのは09 ミッキーパンプキン 44410 レト 440
  • 9年連続で馬番6番以内馬が連対中
  • 過去11年では、父か母父がサンデー系で前走4番人気以内だった馬が過去11年すべてで馬券圏内
  • 過去11年の #アーリントンC では、中2週以内[1.1.4.38]中3~8週[9.6.6.47]休み明け[1.4.1.23]今年、中3~8週はアリア、ダノンスマッシュ、パクスアメリカーナ、ピースユニヴァース、ラブカンプー、リュウノユキナ、レッドヴェイロン

  • 1~3枠は不要か。7,8枠が圧倒的に強い 
  • 過去36年、6枠の勝利なし 
  • 過去8年1〜3枠(1.0.2.57) 
  • ★過去25年間で2014年以外は4枠or7枠が馬券内
  • 馬番5番以内(0.0.2.48)
  • 95年から1枠が死に目で馬券内なし
  • 過去17年中16年、年明け2走以上の馬が必ず連対 
  • 9年中8年において、3〜5人気の馬が1頭は馬券圏内 
  • 10年中8年において、7~10番の馬が1頭は馬券圏内 
  • 1,2番人気どちらかは絡む。共倒れは11年で2度のみ 
  • 社台グループの馬勝利が11/13 
●00年以降1番人気馬は、プラス体重=6戦5勝、マイナス体重だと勝利なし(0.3.0.4)
●07年のダスカ以降ほぼ全ての勝ち馬が阪神1600で2着以内あり
⚫︎桜花賞は前年1着枠の隣枠が2着以内
●過去12年前走アネモネステークスは08ソーマジック3着以外馬券外
⚫︎JF6着馬が過去10年中5年で馬券
⚫︎トライアル3人気以下で勝った馬は馬券絡みなし
⚫︎阪神改修後の桜花賞4,5,6,7,8枠のみ連対
⚫︎過去13年、2走前1着馬の2歳重賞未出走馬が3着以内
⚫︎3着以内馬39頭中37頭が通算連対率5割以上
⚫︎年明け3戦以上出走し、前3走内に着外が2回以上ある馬は(0-0-0-68)
●過去12年中8年で関東馬が3内(2回は関東馬2頭3着内)
● 6年連続でチューリップ賞 3着馬か2つ隣馬番が馬券内         
●阪神改修後、「前半1000m60秒以下のレースで連対経験無しで桜花賞を勝った馬」はレジネッタのみ。
完全未経験だと、複勝圏まで広げてもレッドディザイアのみ
●関東馬の栗東滞在馬が良績(2.1.2.19)
⚫︎チューリップ賞1人気(4.3.0.2)
  • 07年以降シンザン記念で馬券内の馬は(4.0.0.0)
  • ディープ産駒馬体重451kg以上(4-1-0-1)
  • 過去11年の桜花賞では、ふた桁馬番の馬は単勝オッズが49.9倍以内[6.7.8.34]50.0倍以上[0.1.0.43]
続きを読む

⚫︎過去6年中5年社台F生産馬が連対
●×12番人気以下(0-0-0-38)
●×前走6着以下の4歳馬(0-1-1-27) 
●前走上がり1~5位(9-5-5-44)
●前走上がり6位以下(0-4-4-68)
  • 過去10年、3走以内に3着内が2回以上ある馬が連対中
  • 過去10年の阪神牝馬Sでは、ノーザンファーム生産馬は父サンデー系[2.4.3.9]その他の父系[0.0.1.12]

⚫︎黒の2枠とブラック馬名馬の隣枠が11年中9年で来てる    
⚫︎過去9年中8年で1~2番人気の馬が馬券内 
  • 過去9年中8年で5~9番の馬が馬券内 
  • 関西馬が強い。
  • 関西馬の単複回収率117,120
  • 関東馬の回収率 30 43
  • 過去10年連続で前走5着以内の関西馬が馬券内
  • 馬体重が459キロ以下(0.0.4.39)
  • 当日、馬体重が4キロ以上増(0.0.1.18)
  • 先行馬が7勝と有利
  • 過去10年では、前走が重賞ではなかった馬が[2.6.2.56]。この66頭はひと桁馬番[2.5.2.31]ふた桁馬番[0.1.0.25]

↑このページのトップヘ